Top >  不動産 投資信託のメリット

不動産 投資信託のメリット

不動産投資信託(リート)は一般の不動産投資や、投資信託や株式投資などど比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産投資信託(リート)のリスク分散や換金性・流動性などについて解説します。

不動産 投資信託のメリット一覧

投資信託ガイド

少額から不動産投資ができる

不動産投資信託(リート)では、少額の資金から間接的に不動産投資ができます。
リート(REIT)は、1口数十万円程度(40〜50万円程度)から購入が可能で、株式投資と同じように証券会社を通じて誰でも株式市場から買うことができるのです。

投資リスクの分散

通常の不動産投資と比べて、不動産投資信託(リート)は、集めて運用する資金が大規模なため、不動産投資信託はリスクを分散して不動産投資ができるのです。投資リスクのコントロールという点でも、不動産投資信託(リート)は有効です。

利回りが高い/安定した配当

不動産投資信託(リート)のメリットの一つは株式などと比較して、利回りが高いということです。それは不動産投資信託(リート)は不動産投資を目的とする特別に認められた法人であり、その配当の仕組みがあるからです。また、安定した配当が見込めます。

値動きが小さい

不動産投資信託(リート)は株式投資などと比較して、値動きが相対的に小さいといえます。

インフレ リスクに強い

不動産投資信託(リート)はインフレリスクに強いというメリットがあります。不動産投資信託(リート)はインフレリスクを軽減する資産運用の有効な商品のひとつであるといえましょう。