スポンサードリンク

Top >  不動産 投資信託のメリット >  投資リスクの分散

投資リスクの分散

不動産投資信託(リート)は少額で始められるという点のみがメリットではありません。
仮に、所有権を共有持分に分割して小口化する方法をとって、同じように50万円くらいから不動産投資の運用を行なったとしても、リート(REIT)のような小口投資と同じようなメリットが得られません。

それは、通常の不動産投資と比べて、不動産投資信託は、集めて運用する資金の規模がより大きいからです。
それによって不動産投資信託はリスクを分散して不動産投資ができるのです。

リート(REIT)は、複数の不動産物件を集めて、数百億円単位から数千億円単位のファンドを作り、投資リスクの分散化を図っています。
して、この投資リスク分散は、すべての投資家に対して機能するしくみになっています。

一方の実物不動産投資では、このような大規模な投資リスク分散はできませんので、運用対象の不動産に何かあった場合には大きくリスクを負うことになってしまいますね。

そして、不動産投資信託の場合、取引市場においていつでも売買が可能ですので、もヘッジすることができます。

流動性リスク・換金性リスクはこちら、投資信託ガイドの流動性リスク ページへ


投資リスクコントロールという点でも、リート(REIT)は有効です。

不動産 投資信託のメリット

不動産投資信託(リート)は一般の不動産投資や、投資信託や株式投資などど比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産投資信託(リート)のリスク分散や換金性・流動性などについて解説します。

関連エントリー

少額から不動産投資ができる 投資リスクの分散 利回りが高い/安定した配当 値動きが小さい インフレ リスクに強い