スポンサードリンク

Top >  不動産投資信託の買い方 >  不動産投資信託の売買

不動産投資信託の売買

不動産投資信託(リート)は証券取引所に上場していますので、投資口は、一般の上場会社と同様、市場で売買します。
株式と同様、4桁の証券コードが割り当てられており、全国の証券会社の窓口やインターネットによるオンライン取引で購入・売却することができます。
 
売買単位は全て1口となります。
不動産投資信託(リート)の市場価格を50万円と仮定すると、50万円×1口(つまり1株)=50万円(手数料等は別)で売買が可能となります。

不動産投資信託(リート)の売買注文を行うにあたっては、株式と同じように指値・成行注文等が可能です。 指値(さしね)注文とは、自分が希望する売却価格を指定する注文方法で、成行(なりゆき)注文とは、いくらでもよいので市場に注文を出したときに付いた値段で売却する方法です。

不動産投資信託の価格は、株式と同様に需要と供給で決まりますので、指値の注文を入れても、自分が指定した値段で買い手がいなければ、売買は成立せず、売却することはできません。
指値で注文をする際は市場の動向を見極めた上で、価格を指定することが大切です。

なお、不動産投資信託(リート)を売買するためには、証券会社に取引口座(証券口座)が開設してある必要があります。
これは、証券取引に共通の口座ですので、既に株式の売買を行っている場合には、新たに不動産投資信託の取引のために口座を開設する必要はありません。

不動産投資信託の買い方

不動産投資信託(リート)の買い付け、売却の方法について解説します。どこで、どのような形式で購入・売却するのか、不動産投資信託(リート)の売買の際にかかる手数料は?など。

関連エントリー

不動産投資信託の売買 不動産投資信託の売買の手数料