スポンサードリンク

Top >  不動産 投資信託のメリット >  利回りが高い/安定した配当

利回りが高い/安定した配当

不動産投資信託(リート)のメリットの一つは安定した配当が見込めて、比較的利回りが高いということです。

不動産投資信託の分配金の元となる収益は、保有する不動産の賃貸料(家賃)などです。
賃貸料は基本的には定期的に入ってくるものですし、賃貸料(家賃)は突然、10倍になったり半分になったりする可能性は低く、収益面での変動が小さいです。
一般の事業会社の収益などと比べると、収益という面での大きなブレは少なく、安定した分配につながります。

そして不動産投資信託(リート)の配当利回りは、相対的に高いです。

通常の株式会社の場合、収益の殆どを将来の事業のための資金などに充てることになるので、投資家(株主)への分配金は少なくなります。

一方、不動産投資信託(リート)は不動産投資を目的とする特別に認められた法人であり、必要な経費を除いて、配当可能利益の90%超を投資主(株主)に配当することが定められ、それによって法人税は免除される仕組みとなっています。

不動産投資信託はそのような仕組みもあって、株式と比較して高い分配金を期待されるのです。

ただし、賃貸料などは、不動産の市況や経済状況などの様々な要因によって影響されます。
よって、不動産投資信託の分配金は、将来的にその支払いが約束されたものではなく、投資信託の価格変動リスクもありますので、高い配当利回りだということはあくまでも予想であるということに注意してください。

不動産 投資信託のメリット

不動産投資信託(リート)は一般の不動産投資や、投資信託や株式投資などど比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産投資信託(リート)のリスク分散や換金性・流動性などについて解説します。

関連エントリー

少額から不動産投資ができる 投資リスクの分散 利回りが高い/安定した配当 値動きが小さい インフレ リスクに強い