スポンサードリンク

Top >  不動産 投信(リート)の税金 >  不動産投資信託の分配金の税金

不動産投資信託の分配金の税金

不動産投資信託(リート)の 分配金を受領した際の税金について解説します。
現在、不動産 投資信託(リート)の分配金の 税率は10%(源泉徴収)です。
平成20年3月31日までは特例として10%(住民税の3%含みます)となっています。それ以降は20%(住民税5%含む)です。

課税は、あらかじめ10%の税金が源泉徴収されています。
したがって、受領する分配金はすでに税金を引かれた額となっています。

源泉徴収では、すでに税金が引かれているため、確定申告は不要です。
改めて申告も可能ですが、不動産投資信託(リート)の分配金は配当控除の適用がない(株の配当は適用がある)がありませんので、とくに申告の必要はないでしょう。

ただし、発行済株式総数の5%以上を持っている人は必ず申告する必要があります。

条件により35%の源泉分離課税を選択できる制度や、住民税は非課税となる少額配当の申告不要制度はすでになくなりました。

税金については税制が変わることがありますので、国税庁のホームページや税務署でご確認ください。

不動産 投信(リート)の税金

不動産投資信託(リート)J-REITの分配金や売買にかかる税金について解説します。税金も投資の収益を考えるうえでは大切ですので、よく理解してから不動産投資信託(リート)を始めましょう。

関連エントリー

不動産投資信託の分配金の税金 不動産投信(リート)の売却の税金