スポンサードリンク

Top >  不動産 投資信託のメリット >  値動きが小さい

値動きが小さい

不動産投資信託(リート)は株式投資などと比較して、また他の投資信託と比べても値動きが相対的に小さいといえます。

株式の場合は、その企業の成長性への将来の見込みなどから価格が変動しますが、予想されてなかった好決算のニュースが流れることなどで株価が大きく上昇したり、反対に業績悪化のニュースで下落することがあります。
一方で、不動産投資信託(リート)の場合は、不動産運用のみを目的とした会社で、収益の源泉は賃貸料等であり、突然、賃貸料が10倍になったり半分になったりする可能性は低く、収益面での変動が小さく、値動きも比較的安定しています。

言い換えれば、株式の場合は、値動きの変動によって得られる売買益(キャピタルゲイン)を狙うという性格が強い商品といえます。
一方、不動産投資信託(リート)は、賃貸料等を原資とした収益の分配金の安定性や配当利回りの高さによって得られるインカムゲイン(保有し続けることによって得られる収入)を狙うという正確が強いといえます。

もちろん、これは相対的にということであって、不動産投資信託(リート)も価格変動リスクはあるということに注意しなければなりません。
価格変動リスクは投資であれば常に負っていることになるのです。
不動産投信も株式と同じように市場で取引されるので、買付けた価格よりも売却時の価格が大幅に下落する可能性もあります。

不動産 投資信託のメリット

不動産投資信託(リート)は一般の不動産投資や、投資信託や株式投資などど比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産投資信託(リート)のリスク分散や換金性・流動性などについて解説します。

関連エントリー

少額から不動産投資ができる 投資リスクの分散 利回りが高い/安定した配当 値動きが小さい インフレ リスクに強い