スポンサードリンク

Top >  不動産投資信託の選び方 >  不動産投資信託の比較のポイント

不動産投資信託の比較のポイント

不動産投資信託(リート)J-REITの比較のポイントにはどんなものがあるでしょうか。
目論見書などを見た際の比較するポイントについて解説します。

目論見書・有価証券届出書では、「ファンドの目的及び基本的性格」「投資の基本方針」「分配方針」や「リスク」についての説明、「運用報酬」、「投資不動産の物件の概要」などのファンドについての基本的な情報を知ることができます。

不動産投資信託(リート)に投資するにあたっての判断材料となる情報には、次のような事柄が挙げられます。

その不動産投資信託(リート)の投資対象である不動産の概要について:

ショッピングセンターなどの商業施設の不動産に投資するのか、 オフィスビルのような不動産に投資をするのなどの投資する不動産の用途や、不動産の立地について。
立地は、特定の地域に集中しているのか、分散しているのかも比較しましょう。
物件の築年数や区分所有建物などの状況もチェックが必要です。

その物件の将来の競争力や市場の流動性を予想するうえで、以上のことは大切な情報になります。


不動産投資信託(リート)の売買や借り入れの方針について:

新たな不動産の購入や所有不動産の売却などをどの程度行うのか。 また、どのような方針によって行うのか。また、どの程度の借入れを行うのかを比較しましょう。

不動産投資信託(リート)では、投資法人が資金を借入れて投資を行うことが可能です。
借入れの割合というのは、その不動産投資信託(リート)の収益やリスクに影響してきます。
一般的には、負債の割合が高いほど、資本効率が高くなり、高いリターンが狙えますが、一方では、金利の上昇の際には、負債が大きいほど利子負担も大きくなる可能性があります。
収益が減少すれば、それに伴って分配金も減額になりますし、最終的には投資法人の倒産の危険性もありますので、負債の割合があまりに高いものがあれば注意しましょう。


 


不動産投資信託の選び方

不動産投資信託(リート)J-REITの選び方について解説します。不動産投資信託(リート)を選ぶにあたって、比較する情報の収集源や、比較するポイントについてを理解しましょう。

関連エントリー

不動産投資信託の比較 不動産投資信託の比較のポイント